神戸で自由な一人暮らし

 
2017年02月08日

ハーバーランドのカフェモロゾフでチョコレートワッフル

バレンタインの季節がやってきましたね。

僕は今は自営業なので、会社員のころのように義理チョコをもらうこともすっかりなくなりました。

ま、義理チョコってお返しが面倒だから、もらえない方がありがたいんですけどね(笑)。

世間では最近、自分自身にチョコをあげる「自分チョコ」が流行っているそうな。

ほうほう。それなら、僕も普段頑張っている自分にチョコをあげようではないか。

というわけで、umieハーバーランドの「カフェモロゾフ」にやってきました。

カフェモロゾフ

神戸でチョコレートといえばやっぱりモロゾフですよね!

そもそもバレンタインにチョコレートをあげる風習を、日本で最初に紹介したのがモロゾフなんです。

モロゾフが最初にバレンタインを紹介したのは1936年。

当時はまだ習慣として根付かず、その後1970年代になって急速にバレンタインの習慣が広まったそうです。

ま、僕たちはみごとにチョコレート会社の戦略にハマってるってことですよ(笑)。


さて、カフェモロゾフはそんなモロゾフが運営するカフェチェーンで、神戸ではさんちかやセンター街にも店舗を構えています。

ハーバーランドの店舗は、umieのサウスモール1階にあります。

オープンタイプのカフェで、広々とした空間がいいですよね。

店内

店内にはこのようにソファータイプの椅子があり、ゆったり座れます。

この日は平日だったため、ガラガラでした(笑)。


デザートメニューはワッフルがメインで、いろんな種類のワッフルが楽しめます。

僕はせっかくなので「チョコレートのかかったやつを!」と思い、ホットチョコレートアーモンドワッフルを頼みました。

ホットチョコレートアーモンドワッフル

こちらがホットチョコレートアーモンドワッフル(550円)とホットコーヒー(420円)。

アイスに生クリーム、そしてたっぷりのチョコレートソースがかかっています。

うーん、美味しそう〜!( ´ ▽ ` )

さっそく、ワッフルをパクリ。

うん、絶妙。

生地はしっとりしていて、生クリームは空気を含んでフワフワでした。

チョコレートはそんなに重さがなく、軽い口当たりでしたね。

チョコの味もきつくなく、香りがほんのり残る程度で、チョコがかかっているのを忘れるほどでした。

軽やかでありながら、上品なお味。

コーヒーもカップが大きめで、ワッフルを食べながら飲むのにピッタリなサイズでした。


カフェモロゾフはオシャレでありながら、家族連れでも入れる気軽さがありましたね。

umieのファミリー層をうまく取り込んでいる気がします。

平日だったこともあり、落ち着いて過ごせました。

おかげで、自分チョコを堪能できましたよ(笑)。


umieにはほかにも神戸フランツやゴディバのカフェもあります。

各店のチョコレートを食べ比べてみるのも面白いと思いますよ。





関連ランキング:カフェ | ハーバーランド駅神戸駅西元町駅






ブログランキング参加中
 

posted by Sunday at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月08日

新開地地下のB級グルメ「よつばや」のピロシキ

高速神戸駅と新開地駅をつなぐ地下街「メトロこうべ」。卓球場や怪しい古本屋が並ぶ、知る人ぞ知るディープなスポットです。

この「メトロこうべ」は東西で神戸タウンと新開地タウンに分かれており、それぞれ趣のある飲食店が軒を連ねています。

そんな「メトロこうべ」の新開地タウンでひときわ目を引くのが、ピロシキを売っている「よつばや」。

よつばや

ピロシキといえばロシアの名物料理ですが、なぜかそれを新開地で食べれるんだから面白いですよね。(^-^)


実は「よつばや」は、45年前から営業している新開地の老舗。

ピロシキ以外に明石焼きやおでんなんかも売っていて、まさにB級グルメのパラダイスなんですよ!

店の前を通ると、いつも店員さんがピロシキや串カツを揚げています。

こんがり揚がったピロシキを見ると、つい買って食べたくなっちゃうんですよねー。

メニュー

「よつばや」にはイートインもあるので、店内で食べることもできます。

メニューはこんな感じ。

・明石焼き 616円
・串カツ 616円
・おでん 475円
・おにぎり 216円
・ピロシキ 324円

B級グルメにしては、ちょっと値段は高めかな。


今回僕は、ピロシキをお持ち帰りでいただくことにしました。

ピロシキはオーソドックスな「ロシアピロシキ」と、カレー味の「カレーピロシキ」があります。

それぞれ1個162円でテイクアウトできます。左がカレーピロシキで、右がロシアピロシキ。

ピロシキ

サイズはわりと小ぶりな感じですね。男性だと5口ぐらいで食べられるんじゃないでしょうか。


まずはロシアピロシキをパクリ。

うん。もっと肉肉しいのかと思いきや、意外とくどくないですね。

人参や玉ねぎなど野菜も豊富に入ってるから、サクッと食べられちゃいます。

刻んだゆで卵が入っていて、これがいいアクセントになっていますね。

ピロシキ

そしてカレーピロシキもパクリ。

こちらもわりとあっさりしています。

カレーの風味もきつくなく、カレーパンのような甘辛さが、揚げた衣とマッチしています。

外がカリカリなのが美味しかったですね。


さすが45年前から営業しているだけあって、両方とも老舗の懐かしい味がしました。

あっさりしてるので、おやつや朝食にもいいんじゃないでしょうか。

ぜひこれからも変わらない味を守り続けてほしいですね。

新開地の地下を歩くことがあれば、買ってみてください。



関連ランキング:定食・食堂 | 新開地駅湊川公園駅湊川駅






ブログランキング参加中
 

posted by Sunday at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月08日

神戸でも食べられる!「一蘭」三宮店でとんこつラーメン

「一蘭」といえば博多とんこつラーメンの有名店。

かつては九州にしか店舗がなく「九州に旅行したときに行く店」だったんですが、今ではチェーン展開して全国で食べられるようになりました。

僕は九州では食べたことないけど、関西では10年ほど前なんばに初出店したときに食べました。

そんな「一蘭」のとんこつラーメンは、今では神戸でも食べられます!

神戸では三宮と玉津に店舗があり、今回は三宮店の方に行ってみました。


「一蘭」三宮店は東急ハンズ前という非常に良い立地にあります。

一蘭

一時に比べるとだいぶ混雑は落ち着いてきましたが、お昼時はやっぱり行列ができます。観光客も結構来てるようです。

僕は12時前に行ったので、待ち時間なく入ることができましたよ。


さて、「一蘭」といえば、特徴的なのが「味集中カウンター」と呼ばれる仕切られた座席。

味に集中するため、まるで鳥かごのように仕切られた1人用の座席でラーメンを食べるんですよ。

味集中カウンター

三宮店の席数は12席。あまり長居できないので、ここはやっぱ1人で行くのがベストですね(笑)。


「一蘭」は注文方法も独特です。まずは入口で食券を買います。

僕はオーソドックスにラーメン(790円)を頼みました。

席には「オーダー用紙」が置いてあるので、ラーメンの好みを記入して提出します。

この「オーダー用紙」の項目が細かい!

麺の固さからスープの濃さ、こってり度など、あらゆる項目を自分流にカスタマイズできます。

例えば僕が行ったカスタマイズはこんな感じ。

カスタマイズ

・味の濃さ・・・基本
・こってり度・・・基本
・にんにく・・・少々
・ねぎ・・・白ねぎ
・チャーシュー・・・あり
・秘伝のタレ・・・2分の1倍
・麺の固さ・・・基本

まぁ、なんて無難なカスタマイズ(笑)。

冒険しない僕の性格がこんなところにも表れていますね。(^_^;)


注文したらすぐにラーメンが運ばれてきました。目の前の扉が開いて、店員さんがラーメンを置いてくれます。

さぁ、ここからはラーメンとタイマンです! 味に集中して、しっかり評価してやるぞ〜(笑)。

ラーメン

まずスープを飲むと、基本はとんこつだけどあっさりしてます。臭みがないからゴクゴク飲めちゃいますね。

この歳になるととんこつって胃にもたれるんですが、「一蘭」のスープはサラリと飲めちゃいました。

秘伝のタレもアクセントになってていいですね。2分の1倍でちょいビリ辛な感じ。辛いのが好きな人は倍数を上げてもいいでしょう。

麺は細麺で、これがうまい! 麺とスープの相性がとてもいいです。


替え玉は箸袋に○をつけるという独特のシステム。

替え玉

替え玉の注文が入ると店内にチャルメラが鳴り響きます。

これも雰囲気があっていいですね〜。(*^-^*)

麺もスープも一気に食べちゃいました。もう一度食べたくなる味だなぁ。


ネットの口コミを見ると、「一蘭」の評価は賛否が分かれます。

「すごく美味しかった」という声もあれば、「期待したほどではなかった」という声もあります。

やっぱり有名店なので、どうしてもハードルが上がっちゃうんでしょうね。

僕的には麺もスープも全ての相性がよくて、とても美味しいラーメンだなと思いました。

味のバランスがとてもいいんですよね。さすが試行錯誤を重ねたラーメンだけあります。

九州に行かなくても三宮で手軽に食べられるので、僕はまたリピートしたいと思います。

ただ、あまりにチェーン展開しちゃうとプレミア感がなくなっちゃうので、全国展開はほどほどにしてほしいなぁ。



関連ランキング:ラーメン | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)






ブログランキング参加中
 

posted by Sunday at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする